会社情報

JM Group Code of Conduct ジャパンマテリアルグループ行動指針

 1)法令と規制の遵守
 JMグループは、日本国内法及び各国・地域のあらゆる適用法令、規則を厳守し、誠実かつ倫理的に事業活動を行います。

 2)倫理基準
 JMグループ役員・社員は高い倫理基準に基づき、社内外での行動において誠実さと公正さを維持します。

 3)従業員の権利と尊重、人権尊重
 児童労働、あらゆる形態の強制労働、人身売買を認めません。また、採用や雇用実務において、人種・宗教・性別・性的指向・性同一性・民族又は国籍・障がいの有無・妊娠・所属政党・組合への加入・信条・年齢・未婚既婚などを理由とするあらゆる差別、及びパワーハラスメント・セクシャルハラスメントなど各種ハラスメントに関して非人道的な行為や言動を一切認めません。

 4)贈収賄防止
 贈収賄、マネーロンダリング、横領等、いかなる相手に対する、いかなる形の腐敗・不正行為も許容しません。

 5)公正な取引
 当社グループは、取引先との関係を常に公正かつ透明なものとし、独占禁止法等の関係法令を遵守した公正な取引を行います。業界他社との関係においては、談合・カルテルなど公正かつ自由な競争を阻害する行為やそのような行為に該当するとの疑いを招く活動は行いません。

 6)安全・品質
 安全最優先の取り組みのもと、社員の健康と安全に配慮した働きやすい職場環境を整備するとともに、法令・規制上の要求を遵守し、安全および品質マネジメントシステムおよびそのプロセスを厳格に適用することで、お客さまの期待に応える高品質な製品とサービスを提供します。

 7)環境保全への取り組み
 環境保全、省エネルギー・地球温暖化防止、省資源、生物多様性の保全等の環境対策については、企業および個人の活動にとって必須条件であることを認識し、すべての環境法規制や地域協定を遵守するとともに、あらゆる事業活動において積極的に温暖化ガス削減、環境負荷削減に貢献するように努めます。

 8)反社会的勢力の排除
 反社会勢力及び団体に対しては、毅然とした態度で臨み一切の関係を持ちません。

 9)情報開示
 当社グループは、社会に開かれた企業として、株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを積極的に行い、企業経営全般にわたる情報を適時適切に開示します。

10)情報セキュリティ
 当社グループは、個人情報や秘密情報が重要な情報であることを認識し、情報の漏洩防止に努めるとともに情報セキュリティの維持および推進を行います。

以上

ジャパンマテリアル株式会社
2024年1月1日制定